席札ちょうちんの活用方法

結婚式や披露宴を筆頭に同窓会や会議に会合、販促の現場にて、オリジナル名入れが施された席札提灯が活躍しております。

こちらでは、そんな席札ちょうちんのオススメの活用法をご紹介します。

■結婚式や披露宴で活用される席札提灯

結婚式には、必ずと言って良いほど、式にご出席された方々の席前には、席札が置かれております。しかし一方で、この時に使用される札は、紙かプラスチック製の物がほとんどで、提灯が使用されている場面は増えてきているとはいえ、まだまだ少ないです。

当店では、名入れを施したオリジナル席札提灯を激安価格にて販売しております。

結婚式や披露宴で各テーブルに席札として置かれたちょうちんの姿をご想像下さい。通常の、あくまでも形式的な席札とは違い、驚きや喜び、笑い声など、小さくとも存在感がある為、ちょっとした装飾であっても、不思議な盛り上がりを感じて頂けます。

■同窓会や記念式典で活用される席札ちょうちん

同窓会や同級会、記念式典などに参加される方々、各人の席には席札が置いてある事が一般的です。もちろん、席順が決まってない事も多くございますが、それでも同窓会、同級会であれば先生方、記念式典であれば、壇上に居る方々の席には、席札が置いてあります。

そうしたネームプレートの代わりに、当店で席札提灯を作成し、設置してみては如何でしょうか?

同級会や同窓会、記念式典は、ある種お祝いの行事ですから、祝賀ムードを盛り上げるためにも、その姿形からお祭りをイメージされ、気分的に高揚を促すちょうちんを席札として設置するのは、非常に理にかなっており、装飾としても優秀であるということが言えます。

■会合や会議で活用される席札提燈

普段とは違い、特別なお客様を招いて行われる会議や会合などでは、当然のごとく、席札を設置し、名刺代わりに分かりやすく氏名を提示している光景を目にします。この時、あくまでも特別なお客様をお迎えするという意思表示の為に提燈を活用されてはいかがですか?

席札提灯は、2つの存在を併せ持ったアイテムです。テーブルを装飾する物として、そしてネームプレートとして活躍します。

特に海外からのお客様を迎えた会議ともなりますと、一般的なネームプレートを席上に置くのではなく、ひと工夫して、席札ちょうちんというオリジナル性に富み、日本的な装飾をはっきりと感じ取れるアイテムを置くことで、自然と場の雰囲気を和ませる事が出来ます。

■販売促進で活用される席札提灯

新商品や新サービスなどの発表会やイベント開催時、トークショー等の開催がしばしばございます。また、路上キャンペーンなどでも、特設ブース内にテーブルが置かれ、商品などを分かりやすく展示する事が多々あります。そんな時、席札提灯は存在感を示します。

通常では、ネームプレートや横断幕など分かりやすい小道具が使われますが、席札提燈は、小さいながらも目を惹く存在です。

ちょっとした演出をそっと出来るメリットは、違和感を作り出せる事であり、一般的なネームプレートでは、当たり前過ぎる紹介にまず盛り上がりを与えます。さらに、横断幕では強すぎる宣伝にワンクッション、珍しい席札ちょうちんを挟む事で、全体のまとまりが生まれます。


以上の様に、席札提燈は様々な場面でご活用頂いております。その外観やイメージから、おめでたい席の盛り上げ装飾として利用される事の多いアイテムではありますが、単純なネームプレート代わりにもご使用頂けますので、ご安心下さい。

なお、席札ちょうちんのメリットは、その場限りの使い捨てにならない事で、結婚式や披露宴、海外からのお客様を招いた会議や会合などでは特に、おみやげとしてお持ち帰り頂く事が出来ますので、大変喜ばれる事も多く、便利にご活用頂ける点も大きなポイントと言えます。

上記でご紹介した場面で、またはお客様がお使いになりたい場面で、ぜひ、席札提灯をご活用頂きたいと思います。